妊娠 産み分け

 

男の子の赤ちゃんが欲しい!いやいや、私は女の赤ちゃんが欲しい!

 

愛する我が子が健康に生まれてくるのならば性別はどちらでも構わない…そう考える人も勿論いらっしゃいますが、赤ちゃんの性別を選びたいと希望する夫婦もいらっしゃいます。

 

昔から赤ちゃんの産み分け方法は色々な説がありますが、最近ではより科学的なデータや根拠に基づいた方法が研究されているようです。

 

では妊娠時の産み分け方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

妊娠時の産み分け方法!そのポイントとは?

 

最近唱えられている説で最も大切なポイントは「性行為のタイミング」だといわれています。

 

簡単にまとめてしまうと

女の子を産み分けたい場合

排卵日の2〜3日前に性行為を行う

 

男の子を産み分けたい場合

排卵日当日に性行為を行う

 

のが良いとされています。

 

 

その理由として、赤ちゃんの性別を決める染色体の種類や特徴が挙げられます。

 

精子はXとYの2種類の染色体が存在していて、卵子はX染色体のみを持っており、その組み合わせによって性別が決まります。

 

X染色体の卵子とY染色体の精子が結合して生まれる=男の子(XY染色体)

 

X染色体の卵子とX染色体の精子が結合して生まれる=女の子(XX染色体)

 

図で解説するとこんな感じでしょうか。

 

男の子を産み分けたければY染色体を持つ精子を、女の子を産み分けたければX染色体を持つ精子を卵子に届けることが大切だといえます。

 

 

Y染色体を届けたい

Y染色体はアルカリ性に強く、酸性に弱いことが特徴です。
そのため、膣内、子宮内が共にアルカリ性に近づく排卵日に性行為を行うことが効果的

 

 

X染色体を届けたい

X染色体は酸性に強く、アルカリ性に弱いことが特徴です。
そのため、膣内の酸性が強くなる排卵日数日前に性行為を行うことが効果的

 

少し科学的に書くとこうした形になります。

 

 

また、女性の膣内は満足することで酸性からアルカリ性に傾くことも分かっています。

 

男の子を産み分けたいときは夫婦の協力も必要になってきますね。

 

 

ただし、産み分けは100%というわけではありません

 

産まれてくる我が子の性別がどちらでも大切に育てていく気持ちを、まずはしっかりと持ってあげて下さいね。